GLカルチ

・GLカルチは85角のビッグフレームを採用
 大きなトラクタのけん引にも負けず作業ができます。
・粘土質圃場でも中耕していきます。

 適応馬力:35~100ps
 対応条間:60~75cm
 重  量:42kg ~ 295kg

 ※カルチ本体の数を増やす事で、条数を変えられます
 ※ヒッチは専用「3点ヒッチGL」(カテゴリ1)のみ
■「GLカルチ」は頑丈。
GLカルチの特徴はとにかく頑丈。フレーム部は85mmの角パイプで肉厚は8mmですので、対応馬力が35~100馬力までと幅広くサポートしています。
カルチ部も黒ボク土から粘土質圃場、さらに石等の障害物の多い圃場でも問題なく使用が可能です。
カルチ部は、頻度の高い爪の横幅調整はピン留めタイプ(ロックピン抜いて→ バーをスライド→ ピンを刺すだけ)を採用する事で、スパナ等の工具を必要としません。
爪の深さを決めるタイヤ調整もハンドルを回すだけで簡単に高さの調整が可能となっています。

製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
GLカルチ(1条)※3点ヒッチGL 付き P004-1DHA H004-1DHA QGL-1HP
GLカルチ(2条)※3点ヒッチGL 付き P004-2DHA H004-2DHA

QGL-2HP

GLカルチ(3条)※3点ヒッチGL 付き P004-3DHA H004-3DHA QGL-3HP
GLカルチ(4条)※3点ヒッチGL 付き P004-4DHA H004-4DHA QGL-4HP
GLカルチ(5条)※3点ヒッチGL 付き P004-5DHA H004-5DHA QGL-5HP
※3点ヒッチGL 不要の場合、型式の最後にNを付けます。例「P004-5DHN」ヒッチなしのGLカルチ(5条)
■「GLカルチ」は、べたうね(平うね)、小うね、平高うね※に対応しています。
全国の畑作栽培において、うねの形状は様々です。排水性の良い土地、北海道から関東方面ではべたうね(平うね)が多く、関東から東海地区に関しては、小うね(1うね1条植)での栽培、北陸、西日本では転作田での畑作栽培なので、平高うね(1うね2条植)が主流になります。
地域の土壌条件、台風等の雨対策により、うね形状は大きく3つに別れます。
GLカルチは全国各地の様々なうね形状に対応しています。
べたうね(平うね)、小うね(1うね1条植)の場合は、そのままお使い頂けます。

GLカルチの対応条間は、60cmから75cmまでに対応しています。
条間を調整する際は、カルチ本体(1条分)を個々にスライドさせて条間(間隔)の調整を行います。
カルチ上部のネジ2カ所の開け閉めで固定・移動が可能になるため、調整しやすい仕様となります。
5条用GLカルチについては、移動時フレームが折りたたみになると同時に、折りたたみを軽減するアシストバネが内蔵されています。
条数は、1条から5条まで用意しています。

※平高うね(1うね2条植)の場合は、GLカルチ2条のみの使用になります。
■様々な地域事情に合わせてオプション品も多数揃えました。
GLカルチは、お客様の条件に合わせて多数のオプション品を選択出来るようになっています。
株間除草作業・バイド作業・深耕作業・施肥等が選択可能です。
さらにGLカルチは頑丈だからこそ「S3カルチ」では出来ない作業も可能になります。
通常のカルチ作業は中耕(5~10cm程度の深さ)とよばれる作業が中心ですが、畑作物は圃場の排水性により大きく収穫量が異なることから、カルチと同時に深耕作業(10~30cm程度の深さ)が求められる場合もある為、その対応として深耕オプション品が取付可能です。また、「S3カルチ」とは違い、オプション品を多数同時に取付出来るよう穴が多数空いていますので、取付位置を調整出来る事からオプション品同士が干渉するのを抑える事が出来ます。

ハイテクカルチ

・GLカルチに中耕作業で必要なセットを付属
・GLカルチと同じく、85角のビッグフレームを採用
 3条タイプも用意しています。

 以下の装備が標準装備
 ・ウルトラQ(うるとら きゅー)
  →株間除草のハリガネ

 ・砕土輪(さいどりん)
  →株間の土を砕土し、ウルトラQの効果を高める

 ・砕土クラッシャー(さいど くらっしゃー)
  →最後方に取付、土塊・ゴロを砕いて土をならす

 ・三点ヒッチGL付き(ヒッチはGL専用、カテゴリ1)

 適応馬力:35~100ps
 対応条間:60~75cm
 重  量:206kg ~ 420kg
■中耕作業で必要なセットが付属された「ハイテクカルチ」も用意。
GLカルチに以下の装備がセットになった商品です。

「ウルトラQ」or「「ウルトラQ(L仕様 / Lタイプ)」のどちらかと
「砕土輪」
「砕土クラッシャー」
「三点ヒッチGL」がセットです。

必要なオプション品だけを選ぶ場合は「GLカルチ」を選択して下さい。

製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
ハイテク カルチ(3条) P003-3JHA P003-3JHA QZSET-3HP
ハイテク カルチ(5条) P003-5JHA P003-5JHA

QZSET-5HP

ハイテク カルチ L仕様(3条) - P003-3KHA QZSET-3HP
ハイテク カルチ L仕様(5条) - P003-5KHA QZSET-5HP
※ L仕様 = ウルトラQ(L仕様)です
オプション
・GLカルチ「スタンド」か「スタンド+キャスター」
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
GLスタンド(キャスター無し) PGL-STAND-A HGL-STAND-A QZSET-3HP
GLスタンド(キャスター付き) PGL-STAND-B HGL-STAND-B

QZSET-5HP

■「S3カルチ」と「GLカルチ」の違い
・「GLカルチ」は重量・強度が違う
GLカルチは、トラクタ(35馬力以上)のみ取付が可能な中耕機です。GL専用のヒッチ(三点直装)のみ。
GLカルチはS3カルチと比べて1.5倍の強度と、2倍の重量がある事で、培土作業時などに威力を発揮します。
土質が硬い場合、自重が重いGLカルチはS3カルチと比べて「爪の刺さりが良い」です。
カルチ本体の全長が長く、取付用の穴が数が多い事から「オプション品を多数同時に取付」できます。

・「S3カルチ」の取付機種が豊富

S3カルチは、5馬力からのトラクタ・乗用形管理機・多目的田植機に取り付け可能で様々な機種に対応します。
※機種に応じてヒッチの変更が必要
「対応作物も豊富」にあり、主に大豆、エゴマ、キャベツ、ブロッコリー、ごぼう、長ねぎ、大根、スイートコーン、ビート、落花生等に使用出来ます。
「条間、条数の自由度が高い」です。
45cm未満の使用に関しては一部部品を外さしますが、27cm~80cmまでに対応しています。