「玉ねぎ収穫」関連の製品

現在、玉ねぎの産地は北海道、兵庫県、佐賀県が主ですが近年の高まる国産化需要により、全国的に産地化、ブランド化が

推し進められています。キュウホーでは、地域の栽培体系に合わせた収穫関連製品を用意しました。

1.[北海道向け] 玉シャトル(葉分け)

ロングローラー採用で絡みにくい!

・3本のローラーを採用する事で、極早生、早生等の玉ねぎの葉が絡みづらくな
 りました。
・ロングーローラは外すことが出来ます。
 中生以降は先端を外し全長が短くなるため、通路で旋回が楽になります。
・オプションとして玉ガードが付けられます。
 ローラー間の玉ねぎの侵入を防ぐ機能です。
 玉ガード付きの「玉シャトル(B)」も用意しています。
 
 適応場力:13~35ps
 重  量:35kg ~ 38kg
 サイズ(mm)全幅×全長×全高
        430×1130×345

製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉シャトル(A)

-

H036-2A

TMS-A

玉シャトル(B)  ※玉ガード付き - H036-2B TMS-B
玉ガード - HTMA-15-1 TMA-15-1
  ~ オススメのオプション ~    取付の可否
H036-2A H036-2B
製品名 型式(都府県) 型式(北海道)    
玉シャトルホイル取付アーム(アームのみ) - HTMS-ARM
玉シャトルホイル取付アーム2(アーム+滑車+ワイヤー) - HTMS-ARM2

玉シャトル単体で購入する場合、以下の点 ご注意下さい

 ①アームを上げ下げする「動力、ホイスト」と「ワイヤー、滑車」が必要です。

 ②他社のアームに玉シャトルを付けた際の不具合はサポート外です。

 ③アームはトラクターによって取り付けできない場合があるため、必ずお問い合わせ下さい。

2.[手動タイプ] 玉ねぎ用根切機

標準の玉ねぎ根切機

・牽引式の玉ねぎ根切機。
・両端にコールターを装着したまねぎの葉を切ることで、根切機本体に
 葉が絡みつくことを抑えます。
・根切の高さはハンドルで後輪タイヤを上下させる事で、簡単に調整できます。
・スリックで土手を作り、根切後のたまねぎが通路(うね間)に転がり出る事を控えます。
 
  適応場力:13~35ps
  
根切幅:110・115・120cm 〈3種類から選択〉
 ※土壌条件によっては、ウエイトが必要な場合があります。
 ※雑草の多い場所では、うまく根が切れない場合があります。
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎ 根切機    P039-1AHA 

H039-1AHA

TK1-1H (都府県)

TK1-1   (北海道)

次世代型の玉ねぎ根切機

・根切り刃は不要、PTO動力で角棒を地中で回転させながら根切りします。
・これまで けん引式では苦手だった雑草が多い圃場でもスムーズに根切り作業が可能です。
・両端にコールターを装着したまねぎの葉を切ることで、根切機本体に
 葉が絡みつくことを抑えます。
・根切の高さ調整は後輪タイヤで行い、ワンタッチで上下させる事ができます。
・スリックで土手を作り、根切後のたまねぎが通路(うね間)に転がり出る事を控えます。
 
  適応場力:13~35ps
  
根切幅:120cm
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎ 根切機 (回転タイプ) P039-1EHA 

H039-1EHA

-

3.[電動タイプ] 玉ねぎ用根切機

手元で深さを調整できるので、トラクターを乗り降りする負担が減ります! 

・牽引式の玉ねぎ根切機。
・両端にコールターを装着したまねぎの葉を切ることで、根切機本体に
 葉が絡みつくことを抑えます。
・根切の高さは電動で後輪タイヤを上下させる事で、簡単に調整できます。
・手元スイッチは、右のみ、左のみ、左右同時の3パターンが可能。
 ホイスト側に高さの目盛がついてます。
・スリックで土手を作り、根切後のたまねぎが通路(うね間)に転がり出る事を控えます。
 
  適応場力:13~35ps
  
根切幅:110・115・120cm 〈3種類から選択〉
 ※土壌条件によっては、ウエイトが必要な場合があります。
 ※雑草の多い場所では、うまく根が切れない場合があります。
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎ用根切機(電動タイプ)  P039-2AHA 

H039-2AHA

TK2-1H (都府県)

TK2-1   (北海道)

  ~ オススメのオプション ~    取付の可否

H039-1AHA

P039-1AHA

(根切り機 手動)

H039-2AHA

P039-2AHA

(根切り機 電動)

製品名 型式(都府県) 型式(北海道)    
電動ホイスト(後付け用)

PTK-HOISUTO-1

HTK-HOISUTO-1 × 
MRSウエイト50kg PMRS-W50 HMRS-W50

後付コールター3本・カウンターセット

※旧式の根切機に対応

PNKK-3SET HNKK-3SET

4.[北海道向け] 玉ねぎ用根切機

早生・極早生の根切り 

・コールターを5枚にする事で、根と葉を同時に切る事で仕上がりが早くなりま
 す。
・コールターを装備していますので、たまねぎの葉を切ることで、根切機本体に
 葉が絡みつくことを抑えます。
・スリックは根切後のたまねぎが通路(うね間)に転がり出る事を控えます。
 
 適応場力:13~35ps
  
根切幅:110・115・120cm〈3種類から選択〉
 ※土壌条件によっては、ウエイトが必要な場合があります。
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式

玉ねぎ用根切機コールター3本セット(手動タイプ) 

-

H039-1BHA

TK1-3K-1 (北海道)

玉ねぎ用根切機コールター3本セット(電動ホイスト付) - H039-2BHA TK2-3K-1 (北海道)

コールター5本を購入する場合、以下の点 ご注意下さい

 ①玉ねぎがの葉が立っている状態では使えません。

  棒で葉を横に寝かす・トラクターの腹下に丸棒を吊るし走行して寝かす などコールターが通る場所に葉を寝かす必要があります。

 ②根切り後に葉だけ切る事ができません。根切りと同時か、根切り前にコールターをお使いください。

 ③病気対策のため、葉を切った後の消毒(防除作業)を必ずお願いします。

  ~ オススメのオプション ~    取付の可否
H039-1BHA H039-2BHA
製品名 型式(都府県) 型式(北海道)    
MRSウエイト50kg - HMRS-W50

5.[都府県向け] 玉ねぎデガー

うねをつくらない栽培の方に最適!  

・根切機を装備していますので、根切をしながら掘取作業が可能です。
・ベルトコンベアを装備していますので、北海道仕様のピッカー(収穫機)府県
 向けピッカー(昇降コンベア付)をお持ちの農業経営者であれば、2本又は3
 本分のうねにある玉ねぎを、1本に集積する事が出来ます。
・油圧モータにより、ベルトコンベアの横送り方向(右方向・左方向)を切り替
 える事ができます。
・ベルトコンベア部は手元スイッチの操作で、パワーモータによりベルトコンベ
 ア全体が左右にスライドできます。
 
 適応場力:13~35ps
  収穫幅:110cm
 ※取付可能機種は、トラクタ、トラクタ仕様の乗用形管理機になります
 ※中生以降の玉ねぎに使用可。極早生、早生には使用不可。
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎデガー   P040-1AHA - DEGA-1

うねをつくる 栽培の方に最適! 

・根切機を装備していますので、根切をしながら掘取作業が可能です。
・兵庫県、佐賀県のような、うねをつくる栽培体系の場合は横送りコンベアなし
 のデガーがおすすめです。
 
 適応場力:13~35ps
  収穫幅:110cm
 ※取付可能機種は、トラクタ、トラクタ仕様の乗用形管理機になります
 ※中生以降の玉ねぎに使用可。極早生、早生には使用不可。
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎデガー    P040-1CHA 

-

DEGA-1-C
  ~ オススメのオプション ~    取付の可否
P040-1AHA P040-1CHA
製品名 型式(都府県) 旧型式    
玉ねぎコレクター PDEGA-TC1 DEGA-TC1 ×
鎮圧ローラー PDEGA-ROLL-TR DEGA-ROLL-TR ×

6.デガー?掘取? 
都府県になぜ「玉ねぎデガー」が必要なのか

たまねぎは水分に弱い作物です。十分に乾燥させることなく、根に土が付いたまま収穫してしまうと腐敗が進む等、品質に大きな影響が出ます。さらに最近、府県の玉ねぎ収穫の機械化により、鉄コンテナ出荷が基本になる事で、玉ねぎの乾燥はますます重要性が増しています。又、北海道仕様の大型ピッカーも府県で導入も多いことから、デガーによる集積作業(横送りコンベア付に限る)の需要も高まっています。

■玉ねぎ用デガー(掘取機)は、目的に合わせて2種類を用意しました。

●選び方
玉ねぎ用デガーは、栽培体系、収穫方法により選択方法が異なります。

■平うね、ベタうねの場合
集積作業をしたい場合は、横送り付きの玉ねぎデガー(P040-1AHA)を選択。
集積作業はせず掘取作業のみの場合は、横送り無しの玉ねぎデガー(P040-1CHA)を選択。
 ※集積とは、2本又は3本のうねをひとまとめにする事

■平高うねの場合(西日本に多い栽培体系)
集積作業をしたい場合は、横送り付きの玉ねぎデガー(P040-1AHA)を選択。
集積作業はせず掘取作業のみの場合は、玉ねぎデガー(P040-1CHA)を選択。
※平高うねで集積作業をした場合は、ベタうねと違い平らな部分が少ないため、玉ねぎが通路にこぼれます。
 平高うねでの栽培の場合は、横送り無し玉ねぎデガー(P040-1CHA)をおすすめ致します。

■デガーの特長 その1

・デガー本体に油圧システム標準装備
 ※横送り付きのP040-1AHAのみ
・デガー本体に油圧ポンプ、油圧モータ等で構成される
 油圧システムを標準装備。
 PTO軸の回転を利用するので、トラクタに外部油圧が
 装備されていなくても問題はありません。
・油圧モータにより、ベルトコンベアの横送り方向
 (右方向・左方向)を切り替える事ができます。
 このため、トラクタの旋回により向きが変わっても、
 落としたい方向にたまねぎを落とすことができます。
 左右切替は、乗り降りをせず、トラクタに乗りながら
 「手動レバー」で行えます。

■デガーの特長 その2

・横送りベルトコンベア〈スライド機能付〉
 ※横送り付きのP040-1AHAのみ
・横送り(スライドコンベア)は手元スイッチの操作で、
 パワーモータ(電気)によりベルトコンベア全体が
 左右にスライド出来ます。
 スライド幅は、ベルトコンベアを中心に左右25cm
 合計50cmのスライドが可能です。
 
・ベルトコンベア部を持ち上げることができるので、
 玉ねぎをそのまま後方に落とすことも出来ます。
 ※ガスダンパーアシスト付き

■デガーの特長 その3

・府県の体系に合わせてオプションも用意
 ※横送り付きのP040-1AHAのみ
■鎮圧ローラー
梅雨時期が本格的な収穫時期になる府県では、土が乾きにくい状況が続きます。土に水分があると、デガーで掘取を行ってもいつまでも玉ねぎの乾燥が促せないため、オプションの鎮圧ローラーをつけるで、土を踏みしめてから玉ねぎが乗ることで、乾燥を促すと同時にピッカー作業での拾い上げ時にも水平になっている事で余分な土をあげにくくする作用もあります。

■玉ねぎコレクター
平高うねでは、どうしても掘取作業時に玉ねぎが転がり通路に落ちてしまうことがあります。転がりを防止するために囲いを設ける事で通路へのこぼれを最小限にする事ができます。

7.[北海道向け] 玉ねぎデガー

回転する角棒で土塊を砕き!
ロッドタイプの横送りで土抜けが良い! 

・掘り取り用の根切刃を外し、角棒を採用しました。
 角棒が地中で回転する事で土塊を砕き、雑草にも負けない掘り取りを実現。
・落下軽減ゴムシートを装備する事で玉ねぎの跳ね上がりを抑えると同時に
 最後に残る玉ねぎのこぼれを軽減します。
・オプションで6条掘り用の羽を用意しています。

 対応場力:13~22ps
 収穫幅 :110cm
 サイズ(mm)全幅×全長×全高
        2300×2000×900
 重  量:250kg
 ※こちらの商品は北海道限定商品になります。
  都府県での販売はしておりません。

製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎデガー(ロッドタイプ) - H040-1EHA DEGA-2
玉ねぎデガー(ロッドタイプ)電動ホイスト付き  - H040-2EHA DEGA-2

回転する角棒で土塊を砕き!
ベルトタイプの横送りで石の挟まりを軽減!
 

・石等に強いベルトタイプも用意。
・根切刃を廃止→地中で回転する角棒により土塊を砕き雑草にも負けないスムー
 ズな作業を実現。
・落下軽減ゴムシートを装備する事で玉ねぎの跳ね上がりを抑えると同時に
 最後に残る玉ねぎのこぼれを軽減します。
・オプションで6条掘り用の羽を用意しています。

 対応場力:13~22ps
 収穫幅 :110cm
 サイズ(mm)全幅×全長×全高
        2300×2000×900
 重  量:240kg
 ※こちらの商品は北海道限定商品になります。
  都府県での販売はしておりません。
製品名 型式(都府県) 型式(北海道) 旧型式
玉ねぎデガー(ベルトタイプ) - H040-1DHA DEGA-1
玉ねぎデガー(ベルトタイプ)電動ホイスト付き  - H040-2DHA DEGA-1

角棒で土塊 対策を!

台風・長雨と天候に左右される掘り取り作業において
デガーが使用できる状況を少しでも増やすため、掘り取り部分の
設計を変更しました。

地中の土塊を「回転する角棒」で砕き!
上がってくる土の塊を小さくします 

掘り取り用の根切り刃は使いません。
PTO回転から動力をとり、地中で角棒を回転させながら土塊を砕きます。
多少の雑草であれば、止まる事なく掘り取ります。
上がってくる土の量も減るため、コンベア上での土抜けも良くなります。

角棒と根切り刃の違い ?? 

根切り刃の場合、地面に刺した深さの分だけ土を上げます。
圃場の土が固くしまっている場合、上がってくる土塊は大きくなります。
角棒の場合、土塊を砕く効果があるため刃と比べて上がりが良くなります。

上がりが良いからゴムシートを標準装備

玉ねぎの跳ね上がりを抑えるゴムシートが付きます。
デガーを持ち上げた際にコンベア残された玉ねぎの落下軽減としても有効です。
  ~ オススメのオプション ~    取付の可否

H040-1DHA

H040-1EHA

(デガー手動 ベルト/ロッド)

H040-2DHA

H040-2EHA

(デガー電動 ベルト/ロッド)

製品名 型式(北海道) 旧型式    
電動ホイスト(後付け用) HTK-HOISUTO-1 TK-HOISUTO-1 ×
6条掘り用の羽 HDEGA-IP-1 -
※製品・部品の仕様・デザインは予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。