catch-img

手押し除草機 「魔法のカルチ」について


目次[非表示]

  1. 1.そもそも「魔法のカルチ」って何?
  2. 2.どうやって除草するのか?
  3. 3.「魔法のカルチ」シリーズの『メリット』
  4. 4.「魔法のカルチ」シリーズの『デメリット』
  5. 5.使用可能な作物は?
    1. 5.1.なぜ、除草作業は引くのではなく、押す作業なの?
  6. 6.「魔法のカルチ(ねぎ用)」って何?ねぎ しか使えないの?
  7. 7.「新魔法のカルチW」と「魔法のカルチ」の違いは何?
    1. 7.1.「魔法のカルチ」は 全4種類の設定
  8. 8.「魔法のカルチ」シリーズ使用例写真・動画
    1. 8.1.●玉ねぎでの使用例
    2. 8.2.●キャベツでの使用例 ①
    3. 8.3.●キャベツでの使用例 ②
    4. 8.4.●ほうれん草での使用例
  9. 9.動画はこちら!
  10. 10.「魔法のカルチ」シリーズ説明書


そもそも「魔法のカルチ」って何?

「魔法のカルチ」は手押し式の株間除草機です。
手押しで株間の除草が出来る商品は他社でも見かけません。
キュウホーの手押しは、「魔法のカルチ」シリーズと「草取りたーちゃん」の2機種が対象です。「魔法のカルチ」はレーキ(針金)が付いていますが、レーキにより作物付近に生えた雑草を引き抜いたり、表層の土を動かす事で除草をしたりと、初期除草に関してはなかなか優秀な商品になります。
また、重さも1.6~2.5㎏と軽量で、持ち運びに優れた商品になります。


果たして魔法のカルチは「魔法」なのか?
詳しく説明していきましょう。

どうやって除草するのか?

レーキと呼ばれる見た目は針金で除草をします。作物の列に「魔法のカルチ」を通すことで、3種類のレーキが作用して雑草を引き抜いていきます。ただし、抜ける雑草には限りがあり、手で簡単に引き抜ける雑草のみで、力を入れないと抜けない雑草(根がしっかり張った雑草、大きすぎる雑草)は「魔法のカルチ」では除草する事が出来ません。
すごく小さな雑草しか除草する事が出来ませんので、早め早めの除草作業が重要になります。
基本的な除草作業は、手で押すことで株間除草が出来る事になります。

​​​


「魔法のカルチ」シリーズの『メリット』

1.軽量でコンパクト

 「魔法のカルチ」シリーズは、軽いもので1.6㎏、重いもので2.5㎏と軽量です。
 軽量なので、軽トラックの荷台に簡単に載せて移動できます。
 アルミの柄(1.5m)に蝶ねじ1本で魔法のカルチ本体を固定しているので、分割も簡単です。

2.多品種に対応

​ 様々な作物に対応しています。
 多品種を栽培でも、1つの「魔法のカルチ」シリーズで対応が可能になります。

3.狭い場所でも使用が可能

​​​​​ トラクタや管理機の扱いとは違い、いつでも簡単に持ち運べます。
 機械での除草が困難な狭い場所でも使用できるため、


「魔法のカルチ」シリーズの『デメリット』

1.粘土質圃場では使用不可

レーキ(針金)と呼ばれる除草部分は、作物を引き抜かないようにするため細いレーキを採用しています。粘土質圃場の場合は、レーキが土に潜らないため除草が出来ないので、粘土質圃場は使用不可になります。

2.残渣が多い圃場

​ワラ、稲株などの残渣が多い場合は、レーキに残渣が引っかかり、土を多く動かしてしまうので、作物が小さい時は、土の動きが大きすぎて被せてしまったり、ワラ等の残渣で作物を引き抜いてしまう場合があります。

​​​​​​3.押すのに体力がいる

手押し除草機になりますので、除草作業時は体力を必要です。
土質や状況に左右されますが、土の表層との摩擦が大きいほど押す力が必要です。


使用可能な作物は?

「魔法のカルチ」シリーズに対応している作物は豊富になります。
基本的には直線状に播種または移植している作物で、その場で大きくなる作物であれば使用が可能です。
対応作物例として、大豆、キャベツ、ブロッコリー、ごぼう、長ねぎ、ほうれん草、ニラ、落花生、人参、ビート、じゃがいも等。
使用できない作物は、ツルを張ってその場にとどまらない作物、例えばかぼちゃ等、または作物付近をレーキで当ててはいけない作物、例えばカブ(レーキで作物に傷がつく場合あり)、レタス(レーキが当たると汁がでてしまう場合)等は、初期のみ使用が可能な場合と、レーキを広げて直接作物に当たらないようにする工夫等、注意して除草作業をしなければならない場合、または、そもそも使用してはいけない作物など、作物の特性により使用制限がある場合があります。

※「魔法のカルチ」は、畑作専用除草機になるので、水田除草機としては使用できません。


なぜ、除草作業は引くのではなく、押す作業なの?

よくある問い合わせとして、「魔法のカルチ」は押すより、引くほうが楽じゃないか?との問い合わせがあります。たしかに引くほうが圧倒的に楽になります。ですが、「魔法のカルチ」は押す方式を採用しています。理由としてレーキが土に潜るようにするため、加圧しながら前進する必要がある事と、株間除草機なので作物を見ながら進まないと、作物まで除草してしまう場合がある事から前進する作業方式を採用しています。


「魔法のカルチ(ねぎ用)」って何?ねぎ しか使えないの?

「魔法のカルチ(ねぎ用)」は、「魔法のカルチ」と商品の特徴は一緒になります。
ねぎ用と表記していますが、ねぎ以外の作物でも使用が可能になっています。

「通常」と「ねぎ用」では「幅と高さ」が異なります
ねぎ畑の多くが「ひっぱりくん® ※1」で植え付けを行う事が多く、植え付けのために横幅20㎝の溝を掘って植え付け作業をすると思います。通常の「魔法のカルチ」は横幅が25㎝と広く、溝にはまらないため、溝に合わせる為に横幅を20㎝専用(ねぎ用)として設計しました。
更にねぎの苗は高さがあり、通常の「魔法のカルチ」では葉を回避するための高さが不足しています。
ねぎ用として「高さに余裕も持たせ」+「横幅を一般的な植え付け幅に合わせて」設計しました。

※1「ひっぱりくん®」は日本甜菜製糖株式会社の登録商標です。


「新魔法のカルチW」と「魔法のカルチ」の違いは何?

「新魔法のカルチW」と「魔法のカルチ」の大きな違いは、「W用レーキ」と呼ばれるレーキが付属されているか?の違いです。「W用レーキ」は、除草範囲をより広げるレーキになります。また、角度が自在に調整が可能なので、のり面などの除草にも使用が可能です。「W用レーキ」は脱着が簡単なので、外すことで「魔法のカルチ」に変更する事ができ、更に「魔法のカルチ」を購入した後「W用レーキ」を単品で購入する事で「新魔法のカルチW」に変える事も出来ます。

ただし、「W用レーキ」は 通常より除草幅が広がることから、押す力が更に必要です。


「魔法のカルチ」は 全4種類の設定

用途や条件に合わせて4種類を設定しています。

Wシリーズの寸法

「魔法のカルチ」シリーズ使用例写真・動画

●玉ねぎでの使用例

「魔法のカルチ(ねぎ用)」を使用して玉ねぎ畑を除草しました。
硬い赤土でしたが無事に除草が出来ました。写真のように、雑草があまり生えていなくても除草する事で効果を発揮します。ただし、除草剤を撒いて効果がある時期でしたら、除草剤の効果が薄れたときに除草作業をしないと、表層の除草剤の膜効果がなくなるので注意が必要です。

●キャベツでの使用例 ①

1うね1条植えのキャベツで除草作業を行いました。土は赤土で少し表面が固い状態でした。「魔法のカルチ」シリーズは、土質が固い場合は使用不可で、表層が固く、2~4㎝下は柔らかい圃場でも使用出来ない事があります。たまたま写真の場所は表層は固いですが「魔法のカルチ」を通してみるとレーキが土に潜りましたので使用が可能になりました。
ただし、作物付近はレーキが逃げてしまい、少し真ん中の除草ができませんでしたので、1列を往復する事で作物の付近まで除草が可能になりました。

●キャベツでの使用例 ②

水田圃場でのキャベツ使用例になります。前作が稲作でしたので、稲株、ワラが少しあり大丈夫か心配しましたが、問題なく除草作業が出来ました。ワラや稲株はレーキに引っかかり、悪さする事がありますので、出来るだけ細かくロータリー作業を行うか、アップカットロータリー、超砕土ロータリーのような、残渣ができるだけ圃場に出ない様にすることで「魔法のカルチ」シリーズが使用可能になります。


●ほうれん草での使用例

ほうれん草は条間15㎝と狭いので、「魔法のカルチ(ねぎ用)」を使用して除草を行いました。ハウス内での使用です。土は黒ボク土に近い柔らかい圃場でしたので、レーキも土中に潜ることでキレイに除草が出来ました。


動画はこちら!

「魔法のカルチ」シリーズ説明書

取説は下図よりダウンロード出来ます。

「魔法のカルチ取扱説明書.pdf」
形式:PDF
データ容量:1.52MB




手取り除草の記事!

  【手取り除草】のお話し (株)キュウホー | 株式会社キュウホー 手取り除草に関する製品情報を記事にまとめています! 農家さん~家庭菜園まで使えるプロの除草器具を紹介しています。 株式会社キュウホー


トラクタ除草用 カルチの記事!

  【カルチ・カルチベーター・除草機】のお話し (株)キュウホー | 株式会社キュウホー 機械除草・手押し除草・手取り除草に関する製品情報を記事にまとめています!除草のタイミングについても書いていますので、ご参考に! 株式会社キュウホー




人気記事ランキング

企業情報

タグ

アーカイブ